満足度が高い仕事が見つからない理由

転職を繰り返しても満足度の高い仕事が見つからないと嘆くケースは多いものだ。そもそも満足が得られるという定義が間違っていることが多くの理由である。
例えば高い報酬を得たいと思うケースは多いが、そのためのスキル磨きを行わない人は沢山いる。それでいながら給料の高い仕事を探そうというのが無理というものだ。
あるいは納得できる業務に就きたいと願う人も多いものだが、基本的に業務は従業員の都合で与えられるものではない。会社が利益を出すために、最も効率が良い形で用意されるので、そこに面白みが無いと考えてもしかたのないものだ。それよりも与えられた業務にいかに取り組むのかが重要である。
その作業効率を高めたり品質を向上させるのが本来の仕事というものだ。そしてそれを成し遂げた時に満足感を感じるものであり、スキルを高めたり評価を得る時に感じるものである。そのような努力をせずに満足できる会社を探そうというのも無駄な努力というものだ。
満足度をいかに高めるかは自分次第なのだ。どのように業務に取り組むのか、そしてスキルを高めていくのかを考えることが先決と言える。その上で自身のキャリアプランを考えて、それに沿う形で転職することが必要である。
それを成し遂げた時にこそ満足感を得られるものであると知っておく必要がある。充実感を得られるかどうかはあくまでも自分次第であり、それは会社などの環境で用意されているわけではないということだ。

2017年10月
     
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

タグ

アーカイブ

最近のコメント